花や植物の変化を楽しもう

サボテン。
こちらの方、今は季節的に眠っているかと思います。

昨日アップしたヒヤシンスですが、続々と花づいて香りづきその変化が楽しいです。
そういえば自宅に置いているいちごの鉢も水をたっぷりやった途端に実を膨らませてくれました。このサボテンも長期戦になると思いますが花がつくよう育て上げてみせます。

日々花の変化に触れるうちに、
やはり花や植物は変化を楽しめるのが面白いなあと思いました。

それは「枯れる」ということも含めて。

皆さんがフラワーギフトをされるときに使用する花。
この花は、農家の方が精魂込めて栽培され、その後市場を経由して花屋へきます。
そして、花持ちがよくなるようにうちのスタッフが水揚げという処理をおこなったり、最高の状態でお客様の手元に届けられるよう温度管理を行います。

そして皆さんが花をプレゼントされるとき、つまり大切な気持ちを伝えるときには、花は最高の状態で咲いてくれているように花屋も最後まで頑張ります。まさに花と花屋は二人三脚で気持ちを伝える最高のシーンを彩るために協力しているわけです。

胡蝶蘭とヒヤシンス

さて「美しく咲いてその場に花を添える」という役割を終えた花はだんだん枯れていきます。
皆さんが知っている「枯れる」にいくまでにはこのような花生(人生)を花は歩んでいます。
こう考えたとき「枯れる」という状態は、大仕事をやり遂げた姿だと僕は捉えています。
枯れる姿もまた美しいんです。

そんな視点で皆さんの近くの花を眺めてみてはいかがでしょうか。
花と人は生き物同士、共通項も多いのできっとよく見てあげればいろんなことを教えてくれると思います。

と、そんなブログを書いているときにフラワーアレンジメントのオーダーが入ってきました。

オーダー内容は「美魔女っぽいイメージで」。

枯れるは美しいと書いた後でなんですが^^;
美しさを長く保てる強い花たちと協力してイメージを完成させにいきたいと思いますっ!