その名もスコーピオン。

野球やサッカーを見ていると選手それぞれが独自の個性を発揮しているチームのゲームは、観戦していても面白いですよね。これはプレイをしている側も多分一緒。

自分の役割が明確であり、かつ自分の活躍がチームの結果に反映されることもイメージがしやすく、パフォーマンスを発揮しやすく楽しめてるはず。

さて。花の世界ではどうでしょう。

フラワーアレンジメントを作るとき、フローリストは花の役割を考えています。
主役はこの花、主役を支えるのはこの花と言った感じで。

それぞれカタチも色も違う花の個性を引き出し、
一つのアレンジメントとして成立させることがフローリストの仕事。

そんな複雑性の高い仕事をしているフローリストたちに最近人気があるのが
こちらの花。

アルストロメリア

模様も独特。個性派です。

アルストロメリアのスコーピオンという品種です。
通常のアルストロメリアよりもダーク系の配色で、かつ変わり咲き。
コントラストが強く、柔らかな雰囲気の花々の中でもシャープな存在感を醸してくれます。

アルストロメリアのスコーピオン

あるとないとでは雰囲気がガラッと変わります

大輪の花ではありませんが、しっかり個性を発揮し、かつ一つのまとまりとしての魅力も作り上げてますよね。いい仕事をしていてきっとスコーピオン自身も力を発揮できている自覚があるはず^^

アルストロメリアのスコーピオン

ヒキで見てもカッコイイッ!

ただいま母の日のご注文を多くいただいておりますが、ぜひお母様のお人柄などもぜひ教えてください。旬の花や定番の花の中にユニークな花も入れさせていただき、お花を楽しんでいただける機会をご提供できればと思います。

技術革新により新品種が目まぐるしく出てきますが、花工房あげたけではこれらも積極的に取り入れ、それぞれの花が個性を発揮し持ち味を活かせるようデザインしてまいります。

心に残る作品を一緒に作りましょう〜!

花工房あげたけ
0858-37-2010

Pocket