Monthly archives of “1月 2018

花や植物の変化を楽しもう

サボテン。
こちらの方、今は季節的に眠っているかと思います。

昨日アップしたヒヤシンスですが、続々と花づいて香りづきその変化が楽しいです。
そういえば自宅に置いているいちごの鉢も水をたっぷりやった途端に実を膨らませてくれました。このサボテンも長期戦になると思いますが花がつくよう育て上げてみせます。

日々花の変化に触れるうちに、
やはり花や植物は変化を楽しめるのが面白いなあと思いました。

それは「枯れる」ということも含めて。

皆さんがフラワーギフトをされるときに使用する花。
この花は、農家の方が精魂込めて栽培され、その後市場を経由して花屋へきます。
そして、花持ちがよくなるようにうちのスタッフが水揚げという処理をおこなったり、最高の状態でお客様の手元に届けられるよう温度管理を行います。

そして皆さんが花をプレゼントされるとき、つまり大切な気持ちを伝えるときには、花は最高の状態で咲いてくれているように花屋も最後まで頑張ります。まさに花と花屋は二人三脚で気持ちを伝える最高のシーンを彩るために協力しているわけです。

胡蝶蘭とヒヤシンス

さて「美しく咲いてその場に花を添える」という役割を終えた花はだんだん枯れていきます。
皆さんが知っている「枯れる」にいくまでにはこのような花生(人生)を花は歩んでいます。
こう考えたとき「枯れる」という状態は、大仕事をやり遂げた姿だと僕は捉えています。
枯れる姿もまた美しいんです。

そんな視点で皆さんの近くの花を眺めてみてはいかがでしょうか。
花と人は生き物同士、共通項も多いのできっとよく見てあげればいろんなことを教えてくれると思います。

と、そんなブログを書いているときにフラワーアレンジメントのオーダーが入ってきました。

オーダー内容は「美魔女っぽいイメージで」。

枯れるは美しいと書いた後でなんですが^^;
美しさを長く保てる強い花たちと協力してイメージを完成させにいきたいと思いますっ!

フレグランスフラワーことヒヤシンスが開花^^

店の事務所で水耕栽培していたヒヤシンスが開花して最高にいい香りが漂っています。

ヒヤシンスといえば球根から育てることを小学校で習ったりしたと思うのですが皆さんもそうでしょうか?僕のクラスは36人くらいいたはずだから、36個のヒヤシンスから相当いい香りが立ち込めていたように思います。「あ〜懐かしい香り」というのが開花した時の一番の印象。香りと記憶も結びついているものですね。

まだまだ球根からの栽培が楽しめる時期です。
皆さんもぜひ「香り」を楽しんでみてください^^

【開催報告】“変わり咲きラナンキュラス”アレンジワークショップ

鳥取県は今週雪、雪、雪。これ以上雪が降ったらどうしよう・・・と開催前日に心配しておりましたが、雪もちょうどひと休憩といった様子のため、「変わり咲きラナンキュラスを使ったワークショップ」を本日無事実施することができました^^

 

ワークショップ

奇跡的にワークショップ前は雪がやんでました

 

今回のアレンジメントのメインは変わり咲きのラナンキュラス。

 

ラナンキュラス

写真中央の花が変わり咲きラナンキュラス!

 

蕾の状態から咲き切るまで様々な表情が楽しめる逸品です。黄色と緑のビタミンカラーが元気をくれますね。

このラナンキュラスを主材として、コアニーや麦を入れてナチュラル感をプラス。

 

コアニー

 

そして今回はヒヤシンスやムスカリといった球根植物を苔で固めて合わせて入れてみました。

 

ヒヤシンス

ヒヤシンスは水耕栽培でも楽しめますね

 

鳥の巣のような部分はトサヤナギ、ココヤシ、ワイヤープランツで作ってます。

 

鳥の巣

鳥の巣制作中

 

今回のワークショップは、インフルエンザや雪のため参加できなくなってしまった方など複数おられたため参加者は6名とこじんまり。でもその分皆さんの作品をゆっくり見させていただきながらワークショップを進めることができました。

 

 

使用する花材はいつもより多かったのですがみなさん試行錯誤しながらもうまく活用されてました。

 

 

花を切ることには勇気がいるものですが、長さに違いをつけて切ることで作品に個性が入ります。

 

 

作品が完成した後は、今まで目の前で作ってたものから一度眼を離して、お互いの作品をチェック。

 

 

「制作に集中している時は目の前の花だけを見てたけど、このチェックのタイミングで席から離れたことで自分の作品をいろんな角度から見ることができたのが発見」という意見もありました。素晴らしい気づき。仕事だったり生活の中でも応用できそうな発見ですね。

 

 

さて作品が完成しましたね。みなさんお疲れ様でした~!

あ、そうそう作品完成のあとは写真撮影。

 

ラナンキュラス

みなさんお上手でした!

 

 

会場のいろんな場所で撮影。次回はインスタ用に小道具の用意を検討したいと思います。

本日のスイーツはアイシングクッキーとジンジャーミルクティーです。

ザクザクという食感が楽しいクッキーと温まるミルクティー

 

寒い日にとってもあったまるんです。帰りも雪道、どうぞ気をつけて帰ってくださいね。

今回ご欠席の方がおられましたのでこのアレンジメントをいくつか店頭に置かせていただいております。制作体験はできないのですが自宅に飾りたいという方はお気軽にお問い合わせくださいね。

さて来月はナチュラル系の花、植物を使ったアクセサリー作りのワークショップを予定しております。

ぜひ“つくる”を楽しみに来てください^^

 

<参加者の声>

  • 贅沢にお花を使わせてもらってアレンジメントが楽しめました。お菓子にお茶もおいしくいただきました。また休みがあえば参加したいです。ありがとうございました。
  • 急に寒くなって雪もたくさん積もるし大変だ〜とぼやきがちなところで、友達に誘われて参加しましたがとても楽しかったです。自然の色はやっぱり良いですね。気持ちを前向きにさせてくれます。
  • 先生に教えてもらいつつ、自分らしさを表現できる楽しいワークショップでした。お花もかわいい、おやつもおいしい、幸せしか感じません。ありがとうございました!
  • 自分の好きなことに没頭する時間を久々に過ごすことができ、とても楽しかったです。春らしいアレンジメントで玄関を明るくしてくれそうです。おやつもとても美味しくいただきました。ありがとうございました。また参加したいです。
  • 初めて参加しましたがとてもゆっくり進行いただいて初心者の私でも自分のペースで作品作りを楽しむことができました。アレンジに球根を用いるのは驚きでした。違和感なくいい味を出していて長く楽しめます。なるほど!と思いました。そのほかの教室も機会があれば参加したいです。

 

アンケートへのご回答ありがとうございます。当日参加者の皆様とお話しさせていただいて、アンケートを読ませていただいて、スタッフも多くの学びをいただいております。さらに楽しい学びを追求してまいります!

 

花工房あげたけ
0858-37-2010

 

自宅にいちご畑をつくろう

三代目啓一です。
いちご入荷しました^^

いちご

1000円以内で買えるいちご畑

 

“あきひめ”という品種ですでに赤く実っているものもあればまだ青くて小さいものも。もちろん今の季節なので白いいちごの花も楽しめます。

 

いちご

甘いです^^

 

親のいちご好きが遺伝したせいか息子がへビーローテーションでこの本を借りて帰ってきます。いちごが「甘いですよ」とか話しかけてくる設定の絵本で絵と思えないほどリアルないちごが描かれており、楽しい絵本です。

 

いちご

平山和子さんの絵本「いちご」

鉢を息子に見せてやると「うわーかわいい」「いい匂いー」と感動しており、僕も嬉しくなってその様子を写メしようとしているまさにその時。

 

いちご

食った。

「あっ」といった瞬間はもう口の中。わずかな遠慮からか先端だけ食べてはにかむ息子。前歯にはいちごの赤い実。美味しいと喜んで気に入っている様子なので我が家で買い取って家でいちご畑を楽しむことにしました。

この“あきひめ”、地植えしてもらっても良いですが、外もとても寒いので部屋の中でいちごと花を楽しむのもいいですよ。

スーパーでパックのいちごを買うのも良いですが、たまには

「いちご畑買ってきたぞー」

とみんなで楽しい体験をシェアしてみてはいかがでしょうか?

今日も雪がずっと降ってましたがご来店いただいた方ありがとうございました。
明日は「変わり咲きラナンキュラス」を使ったワークショップです。
雪道気をつけていらっしゃってくださいね。

 

いちご

もう一粒狙ってる。

花の生命力が溢れている時期

みなさんが一年で一番大好きな時期は何月頃でしょう?

自分の生まれ月が好きという方は多いかもしれませんね。

ちなみに花が過ごしやすいと感じている時期はまさに今の時期なんです。

皆さんがお花を使われる機会というのはお正月や、卒業式、そして母の日といったように文化行事とリンクしていることが多いと思うのですが、花屋としましてはこの時期の花は茎も凛々しく、花弁にもハリがあり、花に生命力を感じる時期でみなさんに花を見ていただきたい時期なんです。

花の季節といえば桜の開花をイメージして3月末~4月と思われる方も多いと思いますが、花の本領が垣間見れるのはまさに今のこの時期。気温も低いことより花にとっては過ごしやすく、お客様にとってはコストパフォーマンスも良い時期なのです。気になる方はぜひ近所のお花屋さんをチェックして見てくださいね。きっと凛々しい花に出会えるはずです。※もちろん寒さが苦手な花もありますので必ずしも全ての花という訳ではありません^^;

花工房あげたけにも凛々しい花から変わった花までたくさんお花が入ってきています。

Instagramでもアップしていきますが、ぜひ実際に見にきてくださいね^^

花工房あげたけはコミュニケーションをデザインします

三代目啓一です。

新年あけて1ヶ月目が経過しようとしています。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

僕は年明けより地域のケーブルテレビ局による密着取材が放送されたこともあり、様々な方から「見たよー」とか「おばあちゃん元気だね」と声をかけてもらう日が続き、ありがたいなあと思いつつも、年末に立てた今年の目標を達成するため地道に動いています。

先週は様々な交流の場に顔を出しておりました。

14日は鳥取市で、ユニークな活動をされている方との交流会へ参加。まちづくり、建築、建具職人、プロダクトデザイン、人材、観光、サービス、栄養士、高校教員、行政、メディアなどなど幅広いジャンルの方が参加されておりました。皆さんエンターテインメント感の強い方であっという間に終電でした笑

また18日は米子市で日頃にお世話になっている株式会社ダブルノット高林社長とともに2018年のそれぞれのアクションについて発表するイベントを開催。ここにも地元はもとより都内からも参加者の方が来られておられ有意義な交流の場となったのでした。

僕は昨年春東京から移住し、事業承継に取り組んで行く中で「花工房あげたけはコミュニケーションをデザインする会社」と定義したことをみなさんにお話ししました。

母の日には親子の間で、結婚式では新郎新婦の間で、お葬式では故人との間で、花工房あげたけは花や植物の力を借りながらコミュニケーションをデザインしてきました。また、玄関や床の間、ダイニングテーブルの上では、お客さまの来訪への感謝の気持ちや、家族での食事の時間を大切にしたいという気持ちを静かに演出するお手伝いもさせていただいてきました。

この何かと何かの間で関係づくりをデザインするというのは、前職で職務としていた広報職と類似点がとても多く、僕としては大きく業種の異なる転職をしたわけですが職種としては近しく、そして意味とやりがいを強く感じながら仕事をしています。

2018年は花工房あげたけはコミュニケーションデザイン企業として、様々な“間”で挑戦していきたいと考えております。

さて、今週はとても寒いようですが、ヒヤシンスやムスカリといった球根植物の育成が楽しい時期を迎えており、たくさん入荷してきています。

ヒヤシンス

ムスカリ

ヒヤシンスはフレグランスフラワーとも呼ばれ花が咲くととても良い香りを漂わせてくれます。お子様のいるご家庭は水耕栽培にチャレンジされるとお子様もとても喜ばれるかと。

そして、週末に実施する「変わり咲きラナンキュラスを使ったアレンジメントワークショップ」にもこのヒヤシンスを使っております^^ 体調を崩されてしまい残念ながら参加がかなわなかった方もおられ、まだお席のご案内が可能でございますので、ご興味ある方はお気軽にご連絡ください。

それでは、寒波は到来しますが、皆様にとってよき一週間となりますよーに。

三代目啓一

美しいもの面白いものはそばにある。

美しいもの面白いものはそばにある。求めるより見つける気づく🤔今週は地元の人たちとたくさん交流するWEEKだったのですがそんなことを考えてました✨そんな僕のデスクそばで静かに咲いてる胡蝶蘭🌸みなさんがたくさん美しいもの面白いものを見つけられる週末になりますよーに😆 #haveaniceweekend #胡蝶蘭 #flowerstagram #flower #flowers #花のある暮らし #花が好きな人て繋がりたい #美しい #鳥取 #花 #花のある生活 #植物 #写真好きな人と繋がりたい #写真を撮るのが好きな人と繋がりたい #instaflower #instagram #instagramjapan #instagood #beautiful #plants #yolo #tokyocameraclub #igersjp #team_jp_ #RECO_ig #inspirationcultmag #nature

啓一 花工房あげたけ 三代目さん(@flower_plants_agetake)がシェアした投稿 –

まるで鳥の巣!ラナンキュラスでつくるアレンジメントワークショップ詳細が決まりました

大変お待たせいたしました!

『変わり咲きのラナンキュラスで作る“晴れやか”アレンジメント』の詳細内容が決定しましたので公開いたします。

こんな感じのアレンジメント完成を目指していただきます!

変わり咲きラナンキュラス

まるで鳥の巣

 

兼ねてよりお伝えしていたとおり変わり咲きのラナンキュラスをメインに活用。

そして新しく使用決定した花材は、春を感じさせるヒヤシンスとムスカリ。球根でアレンジメントに入りますのでアレンジメントとして楽しんでいただいたあとは水耕栽培して楽しむのもいいですね。そしてヒヤシンスはフレグランスフラワーと呼ばれることも多いため、お部屋に飾っていただくことで香りを楽しんでいただくこともできます。

ヒヤシンスとムスカリ

春を感じさせるヒヤシンスとムスカリがラナンキュラスと共演

 

他にも春を感じさせるナチュラル系の花も使い、周囲にはトサミズキを使用。
ナチュラルなアレンジメントでお部屋がパッと明るくなりますよ!

 

変わり咲きラナンキュラス

 

ワークショップ後のお楽しみスイーツは今回は紅茶のアイスボックスクッキーとホットジンジャーです。アイスボックスクッキーは一度凍らせるのでサクサクッという食感を楽しんでもらえます。こちらも力をいれておりますのでぜひご期待くださいね。

一足早く春の花に触れ、皆さんの暮らしの中に春の風をいれましょう(^o^)ノ

日  程: 2018年1月27日(土)
時  間: 13:00〜15:00[開場:12:45]
場  所: 花工房あげたけ2F
鳥取県東伯郡北栄町由良宿1603
定  員: 15名(先着順となります)
参加費用: 3,980円
(材料、容器費、スイーツ代込)
参加条件: 初めての方でもお気軽に
参加予約: 花工房あげたけワークショップ係
0858-37-2010

 

寒さに強い森林サボテン!リプサリス・ボリビアナム

今日ご紹介するハンギンググリーンは、サボテン科のリプサリス・ボリビアナムのご紹介です。

リプサリス・ボリビアナム

南アメリカのボリビア標高1,000~2,000mの森林地帯が原産。
高地にしか生息しないことより寒さに強い植物です。
見た目からも森林地帯に生息していそうな感じが出てますね、

リプサリス・ボリビアナム

みためはグリーンのカーテン。ところどころカールしていて面白い表情を見せます。前回ご紹介したエピフィラムアングリガーと同じくサボテン科ということで、うまく育てると美しい花がつきます。

リプサリス・ボリビアナム

白壁にコンクリートといったシンプルな雰囲気のカフェの窓際に間隔をとって並べてハンギングすると、いつもと違うユニークな雰囲気を演出できて良いと思います。グロテスクにも見えますが間近で見るとしっかりサボテンですのでぜひ可愛がってやってください。エアコンが直射しない場所で越冬し、暖かくなり始めたら徐々に水をあげて開花を目指しましょう。

ハンギンググリーンいくつかお問い合わせを頂いておりご好評頂いております。
ご興味のある方はお気軽に見にいらっしゃってくださいね。

 

花工房あげたけ
0858-37-2010
https://www.facebook.com/hanakoubouagetake/