All posts tagged “観葉植物

兜丸

三代目啓一です。 明日から京都出張です。新旧のカルチャーが共存する京都で花植物の探求活動や骨董屋巡り、ボランティアに勤しみます。 といいつつ最近スイーツ王子気味なので京都のパフェ屋でも攻めようかと企んでます。この時期は抹茶パフェあたりでしょうか。

Read More

新サービス「奇緑屋」はじめます

花屋としてお花や植物を買っていただくことはもちろん嬉しいのですが、花や植物を通してゆるく長く購入者の方とつながりたい、そんな思いから奇緑屋をはじめることにしました。どうぞよろしくお願いいたします。

Read More

涼がとれるグリーンをご紹介

三代目啓一です。
気温上昇中↑↑↑

生花は、なかなか花持ちに苦戦するシーズン、
ということで雰囲気を涼しげにしてくれるグリーンをご紹介します!

こちらはでっかいハンギンググリーン。かなりの大きさがあるので天井の高い空間などに上から吊るすと目線高いところでグリーンから涼をとっていただけます。

そしてこちらはパンケーキプランツ。名前と通りパンケーキのようにまん丸な形状をしており、お部屋に飾ることで柔らかい雰囲気を作ってくれます。葉も厚みがあってユニークですよ〜。

そしてうちの女性スタッフから人気が高いのがこちらのシンジュコケモモ。このぶら下がってるシンジュのような実はだんだん紫色に変化するようです。水は控え目の管理がオススメです。

パンケーキプランツもシンジュコケモモもコンパクトな植物ですが、お部屋にひとつあるだけで雰囲気を楽しんでいただけるお手頃グリーンです。今年の六月は梅雨とサッカーでインドア気味になりそうですが、暮らしのそばにグリーンを入れて豊かな時間を過ごして見てはいかがでしょうか^^

他にも仕入れを進めておりますのでおってブログでもご紹介いたしますね。

花工房あげたけ
0858-37-2010

 

三ノ宮の美味しいパン屋さんに植物を納品しました

三代目啓一です。

僕が花屋を手伝うようになってから面白く感じたことの一つが植物の個体差。

同じ品種でも枝ぶりや葉形には違いがあり、部屋に飾るとしても佇まいに違いが出てきます。

実際に市場に足を運べば、自分で実物を立体的に見れるので惚れる1点ものに出会えたりします。さらに農園まで行けばもっと理想的な植物に会える可能性は高まります。まさに植物というのは人と同じく「出会い」なんですよね。

「個体差こそ価値」そんなことに気づいてから植物の仕入れについては、足を動かすことを意識するようになりました。

もちろん効率を重視すれば、一度に安く大量にとなるのですが、そうやって仕入れた商品は、市場への供給力を重視されているため、見た目に安定感があり一定の基準は満たしていると思うのですが、なんというか個性が弱いんですよね。。ウリを見出しにくいというか。

最近は「この空間にあう植物がほしい!」というリクエスト注文が花工房あげたけでは増えつつあるので、僕にとってはそこにマッチする植物をスカウトしにいく感覚で仕入れをしにいったりもします。

足を動かして探すと出会えるんですよ。
ああああ、なんて野性味溢れ素晴らしい根の生え方!   ・・・・とか、
君の枝ぶりの美しさといったらあの有名なバレリストのポーズのようだ!  ・・・とか、
あ、人間でもこんな人いる笑 ・・・というような個性的な植物に。

もちろんそのような出会いは多くはないので厳選個数になるわけですが、
アンティーク家具を集めるかのように、そしてタレントの卵を発掘するかのように、僕はハンター目線でそしてスカウトマン目線で日常的に植物の物量を見るようにしています。鳥取県は植物の物量を見れるフィールドですしね^^

そのような植物をみなさんで楽しみ、紹介し販売するサービスを開発しておりますのでまたブログにて紹介させていただきますね〜。

さて、そんな植物との出会いを求めて、先日は大阪植物取引所にて多数の農家さんが集まるイベントがあるということで弾丸出張で仕入れに行ってきました。やはり個性派植物の仕入れは激戦で開始早々売約済のシールがペタペタと。うちもしっかり負けじと仕入しました。

そのあとは神戸へ移動し、ご依頼のあった空間にあう植物を納品。

納品先は、三ノ宮駅近の人気のパン屋「ベーカリーバカンス」さん。
とても人気のパン屋さんで先日もテレビ番組「魔法のレストラン」でも取り上げられたお店。ちょっとしたひと時をバカンスに…。というコンセプトで運営されておられ、パンの素晴らしい味はもちろんのこと、顧客体験づくりにも意欲的なお店です。

今回色々なご縁をいただいてこちらのお店のイベントスペースに植物を置かせていただくことになりました。こちらのイベントスペースではアロマのイベントなども定期的に行われているようで、パン以外でもちょっとしたひと時をバカンス気分で過ごせるようです^^

そのような場にお持ちしたのは幹立ちのモンステラ。モンステラはユニークな葉の形状と葉面積が大きいこと空間づくりにも使用される人気の植物で、持ちもいいことより花工房あげたけでも扱うことが多いです。

今回お持ちしたモンステラは大きくて美しい立派な葉を持ち、付け根から立派な弧を描いて上に伸び上がった一品。足元の幹からは根が「俺も俺も」と行った感じで次々生えており、ぐるぐるとうねり、野生や強い生命力を感じることができます。

そんな野性味溢れるモンステラを、南国の太陽を彷彿とさせるギラッとした陶器鉢にセット。そしてこちらのイベントスペースは鉄骨の足に支えられるユニークな形状をしているのですが、それと同様に、この鉢もアイアンで支えました。お店のコンセプトや特徴を花屋なりに表現させていただいた作品。モンステラがこの場を訪れる人たちに癒しと刺激を提供してくれることを祈ってます!

差こそ価値。
人間も一緒ですね。

花工房あげたけ
0858-37-2010

 

 

 

寒さに強い森林サボテン!リプサリス・ボリビアナム

今日ご紹介するハンギンググリーンは、サボテン科のリプサリス・ボリビアナムのご紹介です。

リプサリス・ボリビアナム

南アメリカのボリビア標高1,000~2,000mの森林地帯が原産。
高地にしか生息しないことより寒さに強い植物です。
見た目からも森林地帯に生息していそうな感じが出てますね、

リプサリス・ボリビアナム

みためはグリーンのカーテン。ところどころカールしていて面白い表情を見せます。前回ご紹介したエピフィラムアングリガーと同じくサボテン科ということで、うまく育てると美しい花がつきます。

リプサリス・ボリビアナム

白壁にコンクリートといったシンプルな雰囲気のカフェの窓際に間隔をとって並べてハンギングすると、いつもと違うユニークな雰囲気を演出できて良いと思います。グロテスクにも見えますが間近で見るとしっかりサボテンですのでぜひ可愛がってやってください。エアコンが直射しない場所で越冬し、暖かくなり始めたら徐々に水をあげて開花を目指しましょう。

ハンギンググリーンいくつかお問い合わせを頂いておりご好評頂いております。
ご興味のある方はお気軽に見にいらっしゃってくださいね。

 

花工房あげたけ
0858-37-2010
https://www.facebook.com/hanakoubouagetake/

ぶら下がり放題。ハンギンググリーン祭り

今朝は路面が凍ってましたね。車のフロントガラスもキンキン凍っておりました。

本日は、県外からお客様がいらっしゃったのですが、凍結した道に不慣れなためとても怖かったとおっしゃっていました。気温は低いし、その上風は冷たいし、まだまだ雪がちらつく寒さ厳しい鳥取の冬。

こんな日は家でコタツにでも入って、スナック菓子でもつまみながら映画でも、、、
そんな気持ちは痛いほどわかるのですが、「花工房あげたけ」に遊びに来ませんか?

本格的に冬将軍が到来したわけですが、家でも緑を眺めて植物を楽しみたい!という方のために、花工房あげたけでは、陽気なハンギンググリーンたちを現在ぶら下げ中です。

ハンギンググリーン

ご覧の通りぶら下がり放題です。

ハンギンググリーン

完全にぶら下がっています。



そうです、正しくはぶら下げました。高校時代に学園祭でお化け屋敷の装飾をしたことを思い出しました。

ハンギンググリーン
こちらの方はぶら下がりたくはなかったようです。けっこう重量があるんですこの方。

・・・ということで、珍しいハンギンググリーンたちが入荷しました!
お部屋に飾っていただき景色を楽しんでいただけるよう、なるべく垂れ下がっている形状のものをご用意させていただきました。ぶら下げている商品すべて6,750円(税込)から販売もさせて頂いております。(各種早い者勝ちです!)

置き型の観葉植物とは違った楽しめ方ができ、天井の高い店舗などをお持ちの方は、複数個飾っていただくことでユニークな景色を作ることも可能です。

同品種でも線に個性がありますので、ご興味のある方はぜひ直にご覧になられることをオススメいたします。あ、店頭にお越しになられる際は、くれぐれもお車の運転お気をつけくださいね。

明日以降、個々の品種についてこちらのブログでご紹介していきたいと思います。
お楽しみに^^