苔玉ワークショップを開催しました

三代目啓一です。

緑が涼しげな苔玉づくりのワークショップを出張開催しました。

当日は約60名の方にご参加をいただき、みなさんで賑やかに苔玉づくり。

土に触れるというのはいいですよね。
普段キーボードを叩いている人も土を触れると間違いなくリフレッシュできると
思うんですよね。

お好きなグリーンを選んでいただき、

苔玉を仕上げていきます。

慣れた手つきでサッと作られる方も。

これからの季節、部屋にあると気持ちいいですよね。

花工房あげたけでは出張ワークショップのご相談も承っております。
社員交流や顧客向けのサービスとしてぜひご活用ください。
記憶に残るようなワークショップをともに考えましょう。

花工房あげたけ
0858-37-2010

花工房あげたけ地域への取り組み

三代目啓一です。

今から9年前。僕がまだ都内で勤務していたころ、弟と地元の秋祭りの話をしていました。

僕の実家はいわゆる昔の宿場町にあり、子どもの頃はある程度賑わいがありました。

理容室、豆腐屋、魚屋、自転車屋、パン屋、旅館、銀行、洋服屋、金物屋、靴屋、酒屋、米屋、食堂、スーパー、薬屋、病院、そして花屋が通り沿いに立ち並び、商いが存在していました。

秋祭りになるとその通りには屋台が並び、子どもたちは小遣いを握りしめて、友達とくじ引きをしたり、たこ焼きを食べたりしたものでした。

その秋祭りで屋台が出なくなっているらしい。そんな話をしていました。

子どもたちの数も減り、商店街からも活気がなくなり、屋台の出店も無くなった、、、というような推測はついたのですが、まあ話を聞いたときはとても残念な気持ちなりました。

地方の小さな町の限定的なエリアでやっていた街の祭りが無くなったということは広い視点から見れば大したことではないと思いますが、このようにしてジワリジワリと、地方で長い時間をかけて醸成された魅力や価値が失われていくのかということを思い知らされた気がしたのです。

「なぜそうなったのだろう?」

交通の発達や、市場の変化などの外的要因は当然あったと思いますが、それらの変化の予兆をとらえ、自身を積極的に変えて行くことができなかったことこそ本質的な原因ではないかと考えました。

そこから弟は、民間が積極的に街づくりに参加して行く土壌づくりのため、「さんいんまちなかALWAYS」というイベントを有志メンバーとともに立ち上げ、地域の魅力を編集するイベントに取り組み始めました。

僕自身も都内で「若い鳥取県応援団」という鳥取県のブランディングや情報発信を行うコミュニティに参加し、外からの視点を生かした鳥取県の発信に関わりはじめたのです。

そして「さんいんまちなかALWAYS」は今年第9回目として開催が決定。

自分自身も積極的に関われるようになったので、第10回に向けて取り組みの幅も充実させて行こうと考えています。

今年のテーマは、
「アップデートしよう!まちも自分も!」

このまちをもっと誇れるまち、面白いまちにして行くために、小さな変化を自分の中に起こそうという想いを込めています。

花工房あげたけも母の日をイメージしたスワッグづくりのワークショップで出店しますよー^^

ゴールデンウィーク中の日曜日ではありますが、ご都合のつく方はぜひ遊びに来てください。そしてぜひ地域を作る一員になっていただけると嬉しいです。

花工房あげたけは地域を成長させる取り組みにも主体的に関わってまいります。

花工房あげたけ
0858-37-2010

抹茶&スイーツ付き!フリースタイルいけばなのワークショップ

三代目啓一です。

先日、松江玉造温泉の旅館に宿泊しました。
温泉や料理、サービスはもちろんどれも印象的で素晴らしかったのですが、
一番心を打たれたのは旅館のいたるところにいけられていた花々。

旅館を入ってすぐ、エントランスには立派な枝ぶりの花木が季節の花とともに
大きくいけられており、宿泊者を花で迎えてくれているような空間がありました。

そして、フロントから部屋に行くまでの間にも無機質な廊下の景色が続くのではなく、
ところどころに季節の花がいけこまれており、移動の時間も心地よい時間でした。
そして部屋にももちろん凛と美しい季節の花が。

いけばなによるおもてなしを受けて、
言葉で形容できない心が満たされるような気持ちなったのでした。

この旅館で受けたいけばなのおもてなしが大変印象的で、
このような空間が増えれば、心豊かな時間を過ごせる人が増えるはず!

そのような考えから、
この度「フリースタイルいけばな」のワークショップを実施することにいたしました。

花工房あげたけでは、本格的ないけばなの稽古も毎月実施しているのですが、
今回は型にとらわれないフリースタイルのいけばなをみなさまに体験していただける機会をご用意いたしました。

センスが良いとか悪いとか、正解を求めるようなものではなく、
「自宅や自分のオフィスのこのような所に花があるとみんなが気持ちいいのではないか」
ということをイメージして自由にいけてみてください。
季節の花に触れられる特別な時間になることをお約束いたします。

フリースタイルいけばな

初めての方もぜひいけてみてください!見るだけとは全く違う体験です

とは行っても初めての方には不安はつきもの。
でもご安心ください、いけばな歴のあるスタッフがみなさまのサポートをさせて
いただきますので美しく見えるポイントなども教えさせていただきます。

そしていけばなワークショップ終了後には、お抹茶をたてさせていただきます。
黒米を使ったもちもち美味しいスイーツと一緒にお召し上がりください。

黒米大福

花、茶。世界に誇れる日本文化を体験してください。

いけばなで使用した花材は、ご自宅にお持ち帰りいただき、
ぜひ自宅でも花のある暮らしを楽しんでみてくださいね。

日本が世界に誇れる日本文化の一端を感じられる特別なワークショップです。
ご自身のリフレッシュに、また、みなさまの周りの方への花によるおもてなしとして
ぜひご参加されてみてくださいね。

日  程: 2018年4月14日(土)
時  間: 13:00〜15:00[開場:12:45]
場  所: 花工房あげたけ2F
鳥取県東伯郡北栄町由良宿1603
講  師: 有福真紀子
茶菓子担当: 水口恵子・根鈴留美
定  員: 8名(先着順となります)
参加費用: 3,980円
(税込・材料費・茶菓子代込)
参加条件: とくにございません。お気軽に。
参加予約: 花工房あげたけワークショップ係
0858-37-2010

サボテンの花が開花!

「ほんの小さな出来事に、愛はきずついて~🎵」

「サボテンの花」という歌です。知ってる方は世代がわかります笑

花工房あげたけではサボテンを含め多肉植物も扱っております。店頭に並べているものだけでなく、リクエストいただければ、希少種なども探させていただきお届けさせていただくことが可能です。

サボテンについては、今年の年明け早々に、ハンギングタイプのものをいくつか入荷し、うち何点かを社内でも育成中なのですが、そのサボテンがついに花をつけてくれました。

花をつけたのはこちらのサボテン。

リプサリス・ボリビアナム
リプサリス・ボリビアナム。

これがサボテン!?といった感じですが名前の通り、ボリビアの1000m-2000mの森林地帯が原産の立派なサボテンなんです。


以前ブログでもご紹介させていただいておりました。

寒さに強い森林サボテン!リプサリス・ボリビアナム

数日前から「咲こうとしてる!」とスタッフが変化に気づき、次第に白くて小さな蕾が多数見受けられるようになり、そしてようやく先日一輪開花したのです!!!

リプサリス・ボリビアナム

花は白で繊細な形状。花びらは光を通す半透明で部屋の照明を通して輝いているようにも見えます。

一輪目の開花から連続して次々と花がつきはじめ、今では野性味溢れる姿から華やかな雰囲気へと変化をしてきています。

ハンギング状態で事務所に飾っているため、ソファに腰掛けながら上を眺めるととても美しい花の景色を味わえます。

そしてこのボリビアナムは育成のしやすさもピカイチ。この冬は水をほとんど与えなくても、暖かい部屋の中でしっかり体を大きくし花をつけてくれました。春、夏、秋も大きく元気に育つよう引き続き見守りたいと思います!

こちらのボリビアナム何点がご提供できる在庫がございます。

ユニークなギフトとして、またご自宅用にご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね。

花工房あげたけ
0858-37-2010

 

卒業シーズン本格突入

三代目啓一です。

卒業式のシーズンに本格突入ですね。
皆さん卒業式の記憶ってありますか?

私は、、、入学式よりかは記憶に残っています。
私の卒業式のイメージは「はじまり」。

「あー卒業したー」というよりかは、
4月からのことで頭の中はいっぱいで、
少しの不安と大きな期待の入り混じった、
それでいてどこか清々しさを感じる時期だったなあ
と記憶しています。

今の小学生、中学生、そして高校生、大学生は
どんな気持ちで卒業式を迎えているのだろう、、、

とたくさんの花でいっぱいのうちの店舗を見て
考えていました。

カーネーション

足の踏み場のないくらい花でいっぱいです

 

フラワーアレンジメント

置き型。春らしくカラフルに!

フラワーアレンジメント

ブルーを入れることでピンクが一層鮮やかに!

新しい門出を花で元気いっぱいに。
みなさんの門出をフラワーアレンジメントで
応援させていただきます。

花工房あげたけ
0858-37-2010

あざやかラナンキュラス

いけばなで花のある暮らし

三代目啓一です。

今日はあいにくの雨でしたね。
花屋には春の花がたくさん入ってきておりますが、
外は気温も低くまだまだ寒い日が続くようです。

今日は、ご来店いただいた方から
「いけばな教室やってますか?」というお問い合わせをいただきました。
たまたまなのでしょうか?なんとお二人の方から。

花工房あげたけでは、本格的ないけばな教室については毎月開催しておりまして、
私も昨年よりその中に混じって稽古をしております。

いけばなを学ばれている方は女性が多いのですが、戦国時代の大名はいけばなを嗜んでいたといわれており、テレビに出演されている華道家の方も男性の方が目立ちますよね。

いけばなは限られた時間の中で、花器に個性豊かな活かしながら、一つの作品として成立させます。長く使うか、短く使うか。一度短く切ったものは長さを戻せませんのでまさに決断の連続です。

いけばなを始めた僕の感想は「楽しい」の一言です。
花を活けているときは全てを忘れ、目の前の花に集中しますので、普段とは別の脳の回路を使っているようです。美しく見えるロジックはもちろんあるのですが、花木は一定の形ではないのでそこに難しさがあります。

はじめて活けた瓶花。キイチゴが爽やか。腕は未熟なれど楽しんで活けてます。

 

でもこうして生きている花を触りながら集中した時を過ごすことはとても心地いい時間なのです。終わった後は自分の作品や他の方の作品を見ながらお抹茶をいただきます。(←この時間が楽しいのかも^^;)そして花は自宅へ持ち帰り、家でもいけこみ、花のある暮らしを楽しみます。

なかなか楽しいですよ!

と言ってもいけばなというのは、初めての方にとっては、敷居が高く感じられることもあるでしょうし、毎週通うようなものはハードルが高いとお考えの方もおられるかと思います。

そこで4月にフリースタイルでのいけばなワークショップの開催を予定しております。
初心者の方大歓迎、お子様のチャレンジもOKです。
花に触れる時間と花のある暮らしを試して見ませんか?

近日またこのブログにて日程お知らせさせていただきますので
ご興味ある方は是非ご参加ください。

心地よい時間を過ごしていただけるよう企画してみます。

 

花工房あげたけ